FX自動売買システム(EA)におすすめのVPSを紹介!

こんにちは、たっちゃんです。

 

この記事では、EAを24時間稼働するために必要なVPSについて紹介していきたいと思います。

ぜひ、VPSを構築してEAを稼働させましょう。

 

VPSとは

VPSとはバーチャル・プライベート・サーバの頭文字をとったもので、日本語でいうと、仮想専用サーバーです。

 

 

つまり、自分のパソコンとは別の場所にある、24時間稼働している

サーバー内に、自分のパソコンを持つようなものです。

 

これがあると、24時間EAを稼働させることができます。

 

そもそも、なぜ自分のパソコンだとダメなのかなんですが、あなたは家で24時間365日パソコンをつけっぱなしにできますか?

 

 

もしかしたら、停電になるかもしれません。

 

 

もしかしたら、台風の影響でネットに繋がらないかもしれません。

 

 

 

そんなときに、EAが稼働していて、もしも損失を出していたらあなたはどうしますか?

 

 

もうパニックですよね・・・

 

 

 

止める方法がないですから。

 

 

 

さらに、パソコンを24時間365日も稼働させてたら必ず潰れます!笑

 

 

 

すぐに寿命が来ることになります。

 

 

 

それも困りますよね。

 

 

 

そんな時に役立つのがVPSなんです。

 

 

 

おすすめのVPSはABLENET

僕も実際に使っていて、今まで何の問題も起きず、ずっと稼働してくれているVPSが「ABLENET」になります。

 

まずは、こちらかのABLENETの公式サイトから申し込みしましょう。

⇒https://www.ablenet.jp/

 

公式サイトにアクセスするとこのような画面になるので、左のVPSをクリックしましょう。

すると、右上に「申し込む」とあるのでそこをクリック。

すると「Windowsプラン」と「VPSプラン」を選べるんですが、ここでは「Windowsプラン」を選択します。

 

そしたら、下のようにWin1と下のSSDを選択します。

下にいくと「お支払い方法」があるので、自分に合ったものを選択してください。

更に進んでいくと、サーバー契約期間を選ぶページになります。

月払いか6か月払いか、年払いですね。

年払いは23%オフになります。ちなみに年間で22680円ですね。

 

そのまま進んでいき注文を確定させると、契約完了です。

 

ABLENETの申し込みが完了後

申し込むとこのようなメールが届きます。

 

このあと1日ほどすると、サーバーの準備が終了しましたとメールが来ます。

このメールは大事ですので、必ず保管しておいてください。

ABLENETのVPSの接続方法

ここからは少し難しいですが、頑張りましょう。

Windows ユーザーの場合、リモートデスクトップは標準搭載されています。

アプリーケーションの検索で、「リモート」と入力すると出てきます。

見つからない場合は、以下の手順で「リモート デスクトップ接続」を探してください。

スタート→すべてのプログラム→アクセサリ→リモート デスクトップ接続

これで見つかりましたか?

 

アプリを起動すると、こちらの画面が出てきます。

ここで空白部分に、先ほどのメールのコンピュータのところに書いてあった、IPアドレスを入力します。

入力したら接続をクリックします。

すると、下のようになるので、またメールに書いてあったユーザー名とパスワードを入力します。できましたら、OKをクリックです。

すると、右のようになりますが、「このコンピューターへの接続について今後確認しない」にチェックを入れて、「はい」をクリックです。

 

VPSのセキュリティ設定

VPS のセキュリティは高く設定されているため、初期設定ではインターネットから自動売買ツールのファイルをダウンロードすることができません。

そのため、セキュリティ設定の変更を行います。

 

 

公式サイトに書いてある方法を説明しますね。

 

 

サイトにも書かれていますが、サーバーセキュリティが弱くなることを理解し、ご了承の上、自分の責任の下でやってくださいね。

 

ちなみに僕はやっています。

 

まず、スタートボタンの横のアイコン「サーバーマネージャー」をクリックし、「ローカルサーバー」をクリック。

 

プロパティ内の「IEセキュリティ強化の構成」の「有効」をクリック。

セキュリティ強化の構成が表示されますので

  • Administrators→オフ
  • Users→オフ

 

に変更します。

次はインターネットの設定です。

赤いところをクリックし、インターネットエクスプローラーが立ち上がると、下のような画面が表示されるので、右上の歯車マークをクリックして、「インターネットオプション」をクリック。

次に、セキュリティを選んで「保護モードを有効にする」のチェックを外し、OKをクリック。

警告が出ても無視で大丈夫です。

 

 

 

あと少しです。頑張りましょう。

 

パフォーマンスオプションの変更

スタート→コントロールパネル→システムとセキュリティをクリック

「システム」をクリック。

システムの詳細をクリック。

システムのプロパティを開いたら「詳細設定」からパフォーマンスの「設定」をクリック。

パフォーマンスオプションを開いたら、「パフォーマンスを優先する」

にチェックを入れて「適用」をクリック。OKはまだですよ!

「詳細設定」の中の仮想メモリの「変更」をクリック。

  • カスタムサイズ→2048
  • 最大サイズ→3072

に変更して、「設定」をクリックし、「OK」をクリックです。

 

Windows Update の設定変更

Windows Update が勝手に、万が一再起動などしてしまった場合、トレードの発注ができません。EAがストップしてしまいます。

 

それはかなり危険ですので、勝手にしないように設定をこれからします。

 

スタート→コントロールパネル→自動更新の有効化または無効化をクリック。

「更新プログラムを自動的にインストールする」→「更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する」に変更して「OK」をクリック。

 

これで終わりです。

お疲れ様でした。

 

やっと安心してEAを稼働させることができますね。

 

ガンガン稼いでいきましょうね!

おすすめの記事